北海道土木技術会 鋼道路橋研究委員会

北海道土木技術会 鋼道路橋研究委員会

講習・講演小委員会 (2019年4月9日)

小委員長 室橋 秀生

◆平成29年度事業報告

 

1)小委員会

日 時:平成29年5月15日(月) 16:30 ~ 17:30
場 所:㈱開発工営社 会議室
出席者:17名
議 題:平成29年度活動計画

2)技術見学会

日   時:平成29年7月14日(金) 13:30~16:30
見学コース:小樽JCT・Bランプ橋、小樽西インターチェンジ・Cランプ橋

(発注:NEXCO東日本 施工:川田工業)
参 加 者:45名

3)橋梁技術発表会及び講演会

日 時:橋梁技術発表会及び講演会
場 所:北海道経済センター 8F  Aホール
出席者:211名
演 題:
(1)橋建協報告

~協会を取り巻く環境と課題、取り組みについて~

(一社)日本橋梁建設協会 広報委員会

(2) 技術発表-1【道路橋示方書はこう変わる】

 ~部分係数体系版の改定内容~

(一社)日本橋梁建設協会 設計小委員会 設計部会       佐合 大氏

(3) 技術発表-2【大正時代のRC床版がどうして長期使用に耐えられたのか!】

~90年以上の使用に耐えた九年橋の撤去床版から劣化過程を探る~

 (一社)日本橋梁建設協会 床版小委員会 床版技術部会 中本 啓介氏

(4) 技術発表-3【ロッキング橋脚を有する橋梁の大規模地震対策】

~名神高速道路 追分橋耐震補強工事~

     (一社)日本橋梁建設協会 架設小委員会 架設部会    青山 智明氏

(5) 特別講演【鋼橋の今後の事業戦略を考える!】

-観光資源としての橋梁-

              ものつくり大学 教授  大垣 賀津雄氏


back »

ページトップ